妊娠中期の腰痛は治らない?!|この痛みはいつまで続くの?

妊娠中にお腹の中の赤ちゃんのリスクを減らすためには、「葉酸」という栄養が必要なのをご存知ですか?

葉酸を正しい時期に、効率よく摂取することで、赤ちゃんにとってもママにとってもメリットが多いんですよ!

葉酸の詳しい情報はコチラ

妊娠中期になると、妊娠初期にはあまり感じられなかったマイナートラブルに悩まされることがあります。

そのうちのひとつが『腰痛』ではないでしょうか。

悪阻がやっとおさまってきたと思ったら、今度は腰痛が辛すぎて寝ている時もしんどいし、仕事中も辛い…。と悩んでいる妊婦さんもいるのでは?と思います。

そんな腰痛に悩まされている妊婦さん。

この痛みがいつまで続くの?!

これって一体何が原因なの?!

と心配になると思いますが、妊娠中期腰痛について詳しく調べてみましたよ!!

ちなみに、妊娠初期の腰痛については、以下にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

妊娠初期に腰痛が!それが激痛!│妊娠中の腰の痛みは危険なサイン?!
妊娠中に腰を痛める妊婦さんって多いのですが、それがお腹が大きくなってきてからなら、腰に負担がかかっているのかな?と思えるのですが、妊娠初期から既に腰痛があると、心配になりますよね。 このまま妊娠後期を迎えた頃には立てなくなるん...
スポンサーリンク

妊娠中期に腰痛になる原因

妊娠中期になって、急に腰痛が出てきて心配になる妊婦さんもいると思います。

一体何が原因で腰痛が起こるのでしょうか?

何かの危険信号なのでは?!と不安になる妊婦さんもいると思います。

そこで、妊娠中期に腰痛が起こる場合に、考えられる原因についてまとめてみました!

妊娠中期に腰痛になる原因①:お腹が大きくなった

妊娠週数が進むにつれて、お腹が大きくなってきます。

お腹が前へ大きくなってくると、重心を後ろに持ってくるため、若干反ったような姿勢になりがちです。

それが腰に負担がかかって腰痛となるんですよねー。

多くの妊婦さんが、痛さのレベルに個人差はあったとしても、腰痛を経験するのではないでしょうか。

私も2人出産経験がありますが、2回とも腰痛に悩まされました。

それも、だいたい妊娠中期から。

コルセットもできないし、辛かったのを覚えています。

妊娠中期に腰痛になる原因②:女性ホルモンの影響

妊娠中期頃になると、出産に向けて赤ちゃんが産道を通りやすくするために、ママの靭帯が緩んで骨盤も広がってきます。

それは、妊娠すると分泌される女性ホルモンが影響しています。

それが腰痛だけでなく、人によっては背中やおしりの辺りまで痛くなってしまうこともあるようです。

妊娠中期に腰痛になる原因③:妊娠と関係のない病気

これは基本稀だとは思いますが、妊娠による腰痛だと思っていたら、妊娠とは関係のない病気(例えば、ヘルニアなど)が原因で腰痛が起こっているということも、考えられます。

腰痛以外にも

  • 手足がしびれる
  • 排尿、排便のコントロールができない
  • 発熱や嘔吐の症状がある
  • 激痛でとても歩けない

などの症状がある場合、妊娠とは関係のない病気の可能性も考えられますので、注意が必要です!!

 

スポンサーリンク

妊娠中期に腰痛になった時に考えられるリスクとは

では、妊娠中期に起こる腰痛には、何かしらのリスクが潜んでいる場合があるのでしょうか?

安定期に入ったというのに、あまりにも腰痛が続くと心配になったりしますよね。

正直腰痛だけでは、リスクの判断が難しいようですが、腰痛と一緒にしびれや痛み、出血や下腹部痛などの症状が出ている場合は、早めに医療機関を受診しましょう!

あまりにも腰痛が続くと心配になるかもしれませんが、基本的には赤ちゃんが育ってお腹が大きくなっていくと仕方がない過程なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

妊娠中期に腰痛が起こった時の注意点

妊娠中期に入ってから腰痛が辛くて、自分なりにいろいろ対処してみようと思う人もいると思います。

でも、これだけは気をつけてください!!

自己判断でストレッチやマッサージをするのは避けましょう!

マッサージによっては、お腹に負担がかかったり、妊娠中にはあまり良くないストレッチなどもあります。

自己判断で無理な体勢をとったりするのは避けましょうね~!

ただ、妊娠中にストレッチなどをしてはいけないということではありません!

妊娠中ということもあって、からだに配慮した運動もあります。

マタニティヨガなんか良い例ですよね~。

妊娠初期のヨガはどんな効果が期待できる?│妊婦さんへのリスクは?
妊娠しているしていないにかかわらず、女性の間でヨガは人気ですよね! ヨガというのは、体を伸ばしたりしてストレッチのような効果があるように思われますが、実は呼吸法も大事になってきて、体だけではなく心の安定ややすらぎを得られるものとして、...

妊娠中は、なるべく専門家の指導のもと運動やストレッチ、マッサージなどを行うことをおすすめします!

 

スポンサーリンク

妊娠中期の腰痛はいつまで続くの?

この辛い腰痛っていつまで続くんだろう…と不安になりますよね。

普段の生活にも支障をきたしているし、なんなら夜も痛くて目が覚めてしまい寝不足気味だし…。なんて人もいるはず。

でも、覚悟してください。

痛くなるのはこれからですからー!!

ふふふ。

お腹が大きくなるから、どうしても仕方がないと言えば仕方がないんです。

私も経験がありますが、腰痛は妊娠後期になるにつれてどんどんひどくなりました。

腰痛に効く針や、妊娠中でも受けられる整体はないのかとすごく調べました。

ただ、妊娠期間中は本当に耐え難い腰痛でしたが、出産してお腹が小さくなってしまったら、嘘かのように腰痛から解放されました!

その時は耐えられない!と思うのですが、私が聞いた話だと、多くの妊婦さんは出産すると、腰痛から解放されるみたいです。

もちろん全員がそうではないかもしれませんが、腰痛に悩まされても妊娠中にできる施術というのは限られてきます。

ですので、出産まで解放されるのを我慢していくのもひとつの方法かもしれません。

ただし、無理は禁物ですので、歩行が困難になるほどだったり、生活に支障が出てしまうほど痛い場合は、医療機関に相談してみてくださいね!!

スポンサーリンク

妊娠中期に腰痛になった場合の対処法

もちろん病院を受診すれば、きっとそれなりの対処法を教えてくれるかもしれませんが、ここでは実際に妊娠中期に腰痛に悩まされた私が実際にやって効果があった方法を記載します!!

 

それは、骨盤ベルト!!

骨盤ベルトにもいろいろ種類がありますが、妊娠中に使用できるものもありますので、それをおすすめします。

私が使っていたのは、骨盤ベルトで有名な『とこちゃんベルト』。

とこちゃんベルトには種類があるのですが、妊娠中から産後まで使える『とこちゃんベルト2』を使ってました。

これ、腰痛や骨盤の歪みにも効果があるとうたっているだけのことはあって、完全に治るというわけではありませんが、だいぶ緩和されました!

ちょっとコルセットのような感覚ですね。

通常より、ちょっと強めに締めて、グッと固定されると辛かった腰痛が緩和されましたよー!!

他の骨盤ベルトで試してはないのですが、ギュっと締めて固定するタイプのものだったら、腰痛に効果が期待できるかもしれませんね。

骨盤ベルトは、産後も使えますので腰痛に悩まされている人は、ためしに使ってみてはどうでしょうか?!

とこちゃんベルト公式サイト

 

スポンサーリンク

妊娠中期に腰痛になった妊婦さんへ まとめ

本当、妊娠期間中っていろんなトラブルにみまわれますよね…。

出産をすると解放されるトラブルが多いので、妊婦さんのみなさん、もう少し頑張りましょう!!!

(産後は、また別のトラブルが起こって悩まされるんですけどね…とほほ)

妊娠中でもできる仕事を探している妊婦さんへ

産休を取得して、復帰後バリバリ働くぞーっ!っていう妊婦さんは必要ないかもしれませんが、産後は仕事をするつもりのない妊婦さんにとっては、「働くなら今しかない!」と思いますよね。

妊娠中にできる仕事は限られてきますが、こんな条件の仕事があれば理想じゃないですか?

  • 自分の好きな時間に作業できる。
  • 体調が悪いときは仕事をしなくてもいい。
  • 自分のペースで仕事ができる。
  • 通院など自分の予定を優先できる。
  • 作業内容を選べる。
  • 寝転がっていても出来るような軽作業もある。

こんな妊婦さんにとって好条件の仕事なんてあるわけない!って思いますか?

実は、この条件を満たす仕事というのが「在宅ワーク」なんです。

妊婦さんが在宅ワークをするメリットや、在宅ワークの探し方や作業するときの注意点など、詳しく知りたい人はコチラ⇓

妊娠中期に起こるトラブル
スポンサーリンク
ハルコをフォローする
ハルコの妊娠手帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました