妊娠中に葉酸が必要な理由3選!|赤ちゃんへの効果&妊婦さんの摂取方法は?

妊娠中って、お腹の中の赤ちゃんが目に見えないから、ちゃんと成長しているかなど、いろんな心配が出てきますよね。

しかも、お母さんの行動や食べるものが影響するかも、なんて考え出すと不安も出てくると思います。

例えば、

  • 赤ちゃんに先天性異常のリスクがないか。
  • 流産や早産をしないか。
  • 初期の頃、妊娠していることを知らずにやっていた行動が赤ちゃんに影響していないか。
  • 赤ちゃんの胎動を感じられるようになるまでは、元気か不安ではないか。

こんな不安はありませんか?

 

私は2人妊娠経験がありますが、一人目は初産だったのでもちろんですが、二人目も同じような心配はありました。

また、妊娠初期の頃って、妊婦検診が4週間に1回しかないから、その約1ヶ月病院で診てもらえないのって結構不安なんですよね〜。

あの産婦人科のエコーの機械を自宅にほしいと何度思ったか…(笑)

 

そんな妊娠中の不安を少しでも解消できる方法があるなら試してみたいと思いませんか?!

 

実は妊娠中、赤ちゃんの先天性リスクの発症を抑える働きがあるものがあるんです。

 

それが、「葉酸」です。

 

葉酸というのは、栄養素の一つなんですが、この栄養素がお腹の中の赤ちゃんだけでなく、お母さんにとっても良い効果をもらたしてくれる大事なものなんです!

最近では、病院や妊婦本でもかなり言われているので、ご存知の妊婦さんも多いと思います。

 

しかしこの葉酸、ただ摂取すればいいのではないんです。

葉酸の性質と特性を分かっていないと、葉酸が含まれている食材をただ食べただけでは効果が出ない場合もあるんです。

 

そこで、妊娠中に葉酸必要なことは聞いたことがあるけど、詳しいことは知らない!どんな摂り方が正しいの?と気になる妊婦さんに向けて、詳しくまとめてみました。

 

これを読めば、妊娠中の不安が一つでも和らぎますよ!

妊娠中に葉酸が必要になる3つの理由とは?

妊娠中には葉酸を積極的に摂ったほうがいいよ〜!ということを聞いたことがありませんか?

 

確かに葉酸は妊娠中に必要な栄養素の一つなんですが、葉酸の必要性について詳しく知っている人って意外といなかったりします。

 

妊婦さんにとって葉酸が必要になる理由をまとめてみましたので、これを読めば葉酸をきちんと摂らないといけないことが一発で分かりますよ!!

 

妊娠中に葉酸が必要な理由①:赤ちゃんの先天性リスクを減らせる

実は、葉酸は妊娠中に摂ることで、赤ちゃんの先天性リスクの発症を低下させる効果があるとされています。

これは、具体的にどんなリスクなのかと言うと、二分脊椎症などの赤ちゃんの神経管閉鎖障害に効果があると言われています。

 

え?なんですか、その病名は。
なんだか難しい名前だから、とっても恐ろしい病気っぽいけど、聞いたことがなくてピンとこない…

 

って感じですよね。
私も最初聞いたときそう思いました。

 

分かりやすく言うと、神経管閉鎖障害というのは脳や脊椎がうまくくっついていない障害のことを言います。

先程例に挙げた「二分脊椎症」というのは、脊椎骨がうまく作られなず形成不全になる病気のことで、神経組織が作られていないため、下肢の麻痺や変形、膀胱・直腸障害に因る排泄障害などが症状に出るそうです。

 

これが、脳になると「無脳症」呼ばれる障害になります。これは、脳の一部または全部がない状態の先天性障害のことで、生存するのは難しく多くの場合が流産か死産になってしまうとのことです。

 

これらは妊娠の4~5週ごろにおこる先天異常なんですが、とっても怖いですよね…。

 

お腹の中の赤ちゃんは目に見えませんから、自分の子供がどんな状態なのかわからず、不安になるお母さんもいると思います。

ただし、神経管閉鎖障害というのは、日本では、出生した赤ちゃん1万人に対して約6人の割合でみられるので、決して多くはありませんが、リスクとしては0ではありません。

 

なんとか、この先天性リスクを減らす方法がないの?と思いますよね。

 

そんな神経管閉鎖障害に効果があるとされているのが、葉酸なんです!!

 

実は、神経管閉鎖障害と葉酸についての研究は海外を中心に行われていて、葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減できるということが発表されいます。

 

日本では「妊娠中は禁煙しましょう!」「妊娠中はお酒は飲まないようにしましょう!」といったことは当たり前に知られている注意点ですが、その認知度と同じくらい海外では「妊婦さんは葉酸を摂りましょう!!」と言われているんです。

 

日本でも2002年頃から母子手帳にも記載されるなど、当たり前に言われるようになってきましたが、妊娠中に葉酸を勧められる1番の理由はここにあります。

また、赤ちゃんの神経系が作られるのが、妊娠初期なため妊娠初期に葉酸を摂取するよう心掛けることが大切だと言います。

 

妊娠中に葉酸が必要な理由②:貧血予防

妊娠中は、赤ちゃんに優先的に血液が送られるので、どうしてもお母さんは貧血になりやすい状態になります。

それが妊娠週数が進むにつれて血液量が多く必要になるので、気をつけていないとどんどん貧血気味になってしまいます。

 

一般的に知られている、赤血球中の鉄分が不足して起こる貧血は「鉄欠乏性貧血」と呼ばれるものです。妊娠中は体内の血液量が増えて血液が薄くなるので、鉄欠乏性貧血になりやすい傾向にあります。

 

しかし、葉酸やビタミンB12が不足して起こる貧血もあるんです。

 

それが、悪性の貧血(巨赤芽球性貧血)と呼ばれるもので、貧血の代表的な症状の動機・息切れ・手足のしびれだけでなく、消化器系に異常をきたす可能性もあるため、注意が必要なんです。

ただでさえ貧血になりやすい状態なのにもかかわらず、葉酸が不足してしまうと更に貧血になりやすくなってしまいますよね。

 

葉酸には赤血球の生成を促す効果があるので、貧血予防にも葉酸は摂っておきたい栄養素になるんです!

 

妊娠中に葉酸が必要な理由③:抜け毛や美肌効果

妊娠中というのはホルモンバランスが崩れやすいというのもあり、妊娠中から産後にかけて抜け毛やシミなどに悩まされる妊婦さんも多いはずです。

私も出産後は抜け毛がひどくて、産後半年くらいはシャンプーのたびに両手にごっそりと抜け落ちるくらいの抜け毛でした…。

 

また、シミも多くのママさんが悩まされるんですよね。

妊娠中にできたニキビが産後にシミとなって残る…ということがあるんです。

 

しかし、葉酸には造血作用があります。血液が増えることで毛細血管の働きが活発になり、育毛効果があるとされています。

また葉酸には、皮膚の粘膜を強化したり、肌荒れを改善したりする効果もありますので、産後の抜け毛や肌荒れなどのマイナートラブルにも効果が期待できる万能な栄養素なんですよ!

妊娠中に葉酸が不足してしまうと起こりうるリスク

妊娠中に葉酸が必要になる理由を見てきましたので、いかに葉酸が重要な栄養素であるかはわかっていただけたと思います。

そこで、葉酸が不足することで1番怖いのは、やはり赤ちゃんの先天性のリスクではないでしょうか。

 

妊娠中に葉酸が必要だとされる1番の理由もそこにあるくらいの効果がありますので、やはり最も気にしたいポイントだと思います。

 

葉酸を摂取することで、赤ちゃんのリスクが軽減できるのであれば、ママさんも精神的にちょっと安心できますよね。

お腹の中にいるときのリスクを挙げだしたらキリがありませんし、そのことで心配要素が増えてくるとお母さんにとってもストレスになります。

 

そのストレスも妊娠中の体には決してよくないので、少しでも緩和させるためには、安心できる材料が欲しいですよね!

 

葉酸は、積極的に摂取することで赤ちゃんのリスクも減らすことができ、さらにお母さんの安心材料にもなるのであれば、是非摂っておきたいですよね!

妊娠中に効果的な葉酸の摂取方法とは?

葉酸が含まれている食べ物を積極的に食べるようにすればいいんだよね!

と!簡単に思うかもしれません。

 

しかし、葉酸を摂取するときには、いくつか注意点があるんです!

それは葉酸という栄養素の特徴を知ることです。

具体的に言うと、葉酸は熱に弱く、加熱することで50%近くが分解してしまうと言われています。

水溶性のためにゆで汁に溶出することが多く、調理によって失われやすいんです。

 

厚生労働省では、妊婦さんが一日に必要な葉酸の量は、400μgだと言われています。

これって一体どのくらいの量なのかピンときませんよね…。

 

葉酸が多く含まれている食材の「ほうれん草」を例に挙げてみます。

ほうれん草は、2株で約126μgの葉酸が含まれています。

 

しかし、調理をすると50%が失われるということを考慮すると、ほうれん草を13株食べる必要があるんです。

さすがのポパイもびっくりでしょう。

 

しかも、これを毎日続けていく必要があるのですから、食べ物から葉酸を摂取するというのは、現実的には難しそうです。

 

では、一体どうすれば効率よく葉酸を摂取することができるのでしょうか?

そんな時は、サプリメントがおすすめです!

 

最近では、ドラッグストアでも簡単に葉酸サプリメントが手に入ります。

中には、妊娠中に必要な葉酸以外の鉄分やカルシウムも含まれていて、効果的に栄養を取ることができる商品もあります。

なので、普段の食事に加えて、栄養補助の目的でサプリメントを使うと、簡単に葉酸を摂ることができるのでオススメです!!

妊娠中におすすめの葉酸サプリメントは?

最近では、ドラッグストアなどでも簡単に葉酸サプリメントが手に入ります。

しかし、問題はかなり種類が多いこと。

 

いろんなメーカーからたくさんの葉酸サプリメントが販売されていますので、正直どれが良いのか迷ってしまいます。

そこで、実際に私が妊娠中に使用していて良かったと思うオススメの葉酸サプリメントをご紹介します。

それが「ベルタ葉酸サプリ」です!

 

では、数ある葉酸サプリメントの中でも、どうしてこのベルタ葉酸サプリメントがおすすめなのかといいますと…?

ベルタ葉酸サプリがおすすめな理由①:無添加

まず、無添加!というのが大きいです。

市販で販売されているサプリメントって、添加物が含まれている商品もあるのはご存知ですか?

 

実際、商品の裏側に記載されている成分表を見ても、聞いたこともない成分がズラ〜っと書かれていて、何がなんだかわかりませんよね。

でも、その何がなんだか分からない成分の中には、添加物が潜んでいる可能性があるんです。

 

タブレットやカプセルを飲みやすくするために、香料や甘味料を使ったりするうえで、添加物が必要になったりするんですね。

中には、成分の9割が添加物!という商品もあるくらいです。

妊娠中は、添加物などはちょっと避けたいですよね…。

 

ベルタの葉酸サプリメントは原材料の受け入れから、混合検査、出荷前検査など、かなり厳しい18項目のチェックがされているとのことで、口にする側としては安心ですよね。

また、放射能検査もしているので、無添加に加えて安心度も増します!

 

ベルタ葉酸サプリがおすすめな理由②:葉酸以外の栄養も摂れる

妊娠中に葉酸は必要な栄養素の一つですが、必要な栄養素は葉酸だけではありません。

赤ちゃんが育つのに必要になる鉄分やカルシウム以外にもビタミンやミネラルも含まれていますので、効果的に栄養を補給することができます。

 

それに、妊娠中のママさんの美肌にも効果が期待できる、コラーゲンやヒアルロン酸も含まれているのが嬉しいポイントです!

 

普段の食事では、なかなか全ての栄養素をまんべんなく摂るというのは難しいので、サプリメントにまんべんなく必要な栄養素が含まれているのはありがたいです。

 

ベルタ葉酸サプリがおすすめな理由③:定期購入が楽ちん

サプリメントは特に妊娠初期の頃は毎日摂取しておきたいものです。

しかし悪阻がひどかったり、上に子供がいるような状態であれば、サプリメントだけを買いに行くというのもなかなか面倒だったりします。

 

また、お腹が大きくなってきても買い物のついでなど用事があればいいですが、サプリメントだけを買いに行かなくてはならない状況だと、億劫になりますよね…。

ネットで購入するとしても、毎回ポチポチするのも忘れてしまいます。

 

そんな時便利なのは定期購入です。

なくなりかけたタイミングでお家に届くので、わざわざ自分から注文しなくてもオッケー。

 

ただし、定期購入は6回以上継続しないといけません。

もし、6回以上の定期購入に抵抗がある人は無理に定期購入しなくても良いと思いますが、定期購入のほうが価格が断然お得なので、おすすめですよ!

定期購入すると、初回は66%オフの1980円で購入できますし、2回目以降も33%オフの3980円になるので、通常購入するよりもお得になっています!

 

ちなみに、こちらが商品が届いた時の写真です。

 

毎日続けて飲みたいものですし、継続していくのであれば、定期購入は1番おすすめの購入の仕方かなぁ?と思います!

 

ベルタ葉酸サプリがおすすめな理由④:つわりの時でも飲みやすい

悪阻のときって、ちょっとした匂いにも本当敏感になるんですよね!

私も二人目の妊娠時は悪阻がひどかったので、本当苦労しました…。

 

毎日飲みたい葉酸のサプリメントですが、悪阻の症状が多く現れる妊娠初期に最も必要になります。

でも悪阻で飲めない…なんてことになると困りますよね。

 

ベルタ葉酸サプリメントは、特に悪阻で気になる匂いがありませんので、私はすんなり飲むことができました!

 

妊婦さんに葉酸が必要な理由についてのまとめ

妊婦さんにとって葉酸がかなり必要な栄養素であることは理解していただけたと思います!

効率よく確実に葉酸を摂りたい妊婦さんは、是非サプリメントを上手に使ってみてください。

ただし、あくまでも通常の食事に加えて飲む補助的な役割ですので、毎日の食事の栄養バランスには気をつけて、さらにサプリメントで補うようにしてくださいね!

妊婦さんの葉酸不足で赤ちゃんの先天性異常のリスクが上がる!
神経管閉鎖障害という赤ちゃんの先天性の病気をご存知ですか?
二分脊椎、無脳症などと呼ばれる妊娠初期に発覚する先天性の恐ろしい病気です。もし自分の赤ちゃんがそうだったら・・・と思うと不安で夜も眠れませんよね。

実は、私もつわりが酷くてまともに食事が取れていなかったので、その心配がありました。

お医者さんからは「できれば妊娠初期に1日400㎍の葉酸を元気な赤ちゃんを生むためにもとってほしい」と言われていましたが、ネットで調べるとそれだけの葉酸を取ろうと思えば 1日に「ブロッコリー8房」「ほうれん草6株」など、現実的にはかなり難しい量・・・。

そんなときにお医者さんから提案があったのが“葉酸サプリ”でした。
葉酸サプリをきちんと摂取すれば、そんな赤ちゃんの先天性リスクもググッと下げることができて、しかも母体の体調改善も期待できるとのこと。

実際に、葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害の約70%の予防効果があるというデータも出ているんですよ!

千円ちょっとで生まれてくる赤ちゃんの先天性リスクを少しでも減らせるなら、安いものですよね。

結局いろいろ試した結果、貧血気味な私には鉄分やカルシウムも豊富に入っている「ベルタ葉酸サプリ」が合っていました。

「栄養は食事だけでバッチリ摂れている!」という妊婦さんには必要ありませんが、私のようにつわりが酷くて食事がロクに喉を通らない方や、葉酸不足が心配な方は、自分のためにも赤ちゃんのためにも葉酸サプリは必要ですよ。

私が飲んでるのはコレ↓

妊娠
ハルコをフォローする
ハルコの妊娠手帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました