妊娠中期にする動悸は要注意?!|問題ない場合もあるの?

妊娠中にお腹の中の赤ちゃんのリスクを減らすためには、「葉酸」という栄養が必要なのをご存知ですか?

葉酸を正しい時期に、効率よく摂取することで、赤ちゃんにとってもママにとってもメリットが多いんですよ!

葉酸の詳しい情報はコチラ

妊娠中期である、妊娠5ヶ月~7ヶ月(妊娠16週~27週)の期間は、お腹も目立つようになってきて、妊婦さんらしくなりますよね~。

でも、日々動悸がするようになったなんてことありませんか?

もう、心臓バクバクするし、息切れするし…

 

ちょっと怖いんですけどー!!(ToT)

って怯えている妊婦さんへ、妊娠中期に起こる動悸の原因と対処法や、危険性などについても詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

妊娠中期に起こる動悸の原因とは?

妊娠中期にはいってから、どうも動悸が激しくなった気がする…。という妊婦さんも多いのではないでしょうか?

では、なぜ動悸が起こるのでしょう?

考えられる原因について、いくつか調べてみました!!

妊娠中期に起こる動悸の原因1:貧血

妊娠中は赤ちゃんに優先的に血液が送られるということもあり、ママは貧血になりやすいです。

それも、妊娠週数が進むとさらに血液量が必要になるので、ますます貧血になりやすくなります。

その貧血の代表的な症状が、めまい・耳なり・動悸・息切れ…などなど。

貧血の怖いところは、徐々になった場合自覚症状があまりないことがあります。

そのため、『なんだか最近動悸がするな~』とおもって、病院で検査してもらったら、貧血気味だった!なんてことも。

あまり頻繁に動悸が起こるようでしたら、一度相談してみるといいかもしれませんね。

妊娠中期に起こる動悸の原因2:お腹が張る

わたしは、2人妊娠経験がありますが、2人ともお腹が張ってくると、動悸がするようになりました。

これってみんなが経験することだと思ってたんですけど、全員に現れる症状ではないみたいですね。

 

動悸はするんですけど、お腹の張りがおさまってくると、動悸も落ち着いてくるんです。

あまりにバクバクと動悸がするので、不安になって助産師さんに聞いたところ、お腹が張るタイミングで動悸があるのは、よくあることだよ~。と言われて安心しました。

ただ、その助産師さんからのアドバイスでは、手首などの脈を確認して、不整脈(一定のリズムで脈が打たず、止まったり早くなったり不規則なリズムで脈打つ)の気配があったら、すぐに病院に相談してくださいと言われました。

 

もちろん、お腹が張ったときはあまり動きすぎず、できれば横になるなどして張りがおさまるのを待つのがベストです!

そうすれば動悸もおさまってくるのであれば、あまり心配する必要はなさそうですね。

妊娠中期に起こる動悸の原因3:子宮に他臓器が圧迫される

どんどん子宮が大きくなってくると、心臓や肺などの臓器が圧迫されてくるようになります。

動くのも辛くなってくる時期ですが、同時に動悸を感じる人も増えてくると思います。

しかし、これは妊娠週数が進んでくると多くの妊婦さんが経験する動悸で、比較的問題がないことが多そうです。

スポンサーリンク

妊娠中期の動悸はリスクが隠されてる?!

この動悸にはリスクはないのでしょうか?

  • 妊娠とは関係のない病気があったらどうしよう?!
  • 赤ちゃんになにか影響がでることもあるの?

など、あまりに頻繁に動悸が起こると、どうしても心配になってしまいますよね。

 

基本的に、すぐにおさまったりするようであれば、過度に心配する必要はないかもしれませんが、例えば

  • 立っていられないくらいの動悸がする。
  • 1回動悸が起こると、しばらく治らない。
  • 長時間にわたって動悸がする。

など、明らかに変だなぁ、と感じたり心配になった場合は、早めに病院を受診したほうがいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

妊娠中期に動悸が起こった時の対処法

では、実際に動悸が起こったときはどうすれば良いのでしょうか?

一番大切なのは、落ち着いて休むことです。

 

妊娠中期に起こる動悸は、比較的経験する妊婦さんも多く、問題ない動悸であることが多いです。

そのため、動悸が起こったらとりあえず落ち着くこと。

そして、動いている場合は動きを止め、できることなら横になったり座るなどして、動悸がおさまるまで休憩することが大切です。

 

そこで無理してしまうと、お腹の張りが強くなってしまったり、貧血による動悸の場合は、倒れてしまうという可能性もあります。

動悸が起こったときは、とりあえず落ち着いておさまるのを待つことが大切ですよ!

スポンサーリンク

妊娠中期の動悸を軽減させる方法

まず、動悸の原因に貧血である可能性があります。

妊娠中は、通常の2倍以上の血液が必要になってきますし、妊娠週数が進むにつれて、さらに血液量が必要になるため、貧血になりやすくなります。

なので、妊娠中は貧血にならないように食生活から気を配ることが大切になります。

妊娠中に貧血気味だと感じたら、まずは食べ物を見直そう!
妊娠すると、今までなかったようなトラブルに悩まされることがあります。 そのうちの一つに貧血があります。 今までに貧血とは無縁だった人も、妊娠してから貧血になってしまうこともあります。 もちろん、医師から貧血...

 

また、病院から張り止めの薬などを処方されている場合、その副作用で動悸がするということもあります。

わたしは第一子の時に、張り止めをしばらく飲んでいましたが、特にそのような副作用に悩まされることはありませんでした。しかし、知人はかなり動悸が激しくなったため、薬の服用を中止したと聞きました。

このように個人差があるため、動悸が起こった場合に、あまりに頻繁に起こったり、なかなかおさまらなかったりするのであれば、一度通院している産婦人科へ相談してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

妊婦が妊娠中期に動悸がする まとめ

妊娠中期になってくると、お腹も大きくなってきますし、普段の生活にも支障がでてきますよね。

動機だけでなく、お腹が張る頻度が増えたり、足がつって寝不足になってしまったり…。

妊娠中期に足がつって悩んでいるひとは以下の記事も参考にしてみてくださいね!

妊娠中期に足がつる原因とは?|リスクを抱えた妊婦がなりやすい?!
妊娠中期というのは、妊娠5ヶ月~7ヶ月(妊娠16週~27週)のことを言います。 この時期になってくると、マイナートラブルも妊娠初期の頃と比べると症状が変わってきます。 中でも妊婦さんの多くが悩まされるのが、「足がつる」といった症...

 

体が思うようにいかずイライラしたり、不安になったりしますが、多くの人が経験することですから、あまり過剰に心配したりすることなく、残り半分の妊娠生活を送りましょう~!!

妊娠中でもできる仕事を探している妊婦さんへ

産休を取得して、復帰後バリバリ働くぞーっ!っていう妊婦さんは必要ないかもしれませんが、産後は仕事をするつもりのない妊婦さんにとっては、「働くなら今しかない!」と思いますよね。

妊娠中にできる仕事は限られてきますが、こんな条件の仕事があれば理想じゃないですか?

  • 自分の好きな時間に作業できる。
  • 体調が悪いときは仕事をしなくてもいい。
  • 自分のペースで仕事ができる。
  • 通院など自分の予定を優先できる。
  • 作業内容を選べる。
  • 寝転がっていても出来るような軽作業もある。

こんな妊婦さんにとって好条件の仕事なんてあるわけない!って思いますか?

実は、この条件を満たす仕事というのが「在宅ワーク」なんです。

妊婦さんが在宅ワークをするメリットや、在宅ワークの探し方や作業するときの注意点など、詳しく知りたい人はコチラ⇓

妊娠中期に起こるトラブル
スポンサーリンク
ハルコをフォローする
ハルコの妊娠手帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました