妊娠中でもできる仕事を探したい!│妊婦でも無理なく働く方法とは?

妊娠が発覚すると、嬉しい反面これからかかるお金が心配じゃないですか?

女性は、先のことを心配しますので、まだまだ動けるうちに働いてお金を貯めておきたい!と思うのが普通だと思います。(へそくりも含めて)

 

しかし、妊娠したことで身体への負担も考えると、なかなかがっつり稼ぐのって難しいですよね…。

では、妊婦さんができる仕事ってこの世にないの?

と不安になることはありません!!

 

ここでは、私も実際に妊娠中でもできた仕事をご紹介したいと思います!!

妊娠中でもできる仕事を、体に負担のない程度にして、お金を貯めたい!!という妊婦さんは要チェックです!

 

妊娠中でもできる仕事で最もおススメなのは何?!

妊娠中に仕事をする場合、一番優先したいのは「体調」ですよね。

気分が悪くなったら横になりたいし、なんなら気分が悪くなくても横になっていたいし。(おい)

病院や妊婦教室のような催しにも参加したい。

そして、なるべくフルタイムで働きたくない。長時間の勤務はきついし。

そんな都合のいい仕事なんて、ないですよね。

いええ、あるんです!

それが、在宅ワークです。

 

在宅ワークと一言で言ってもかな〜り幅広いので、いろんな仕事がありますが、基本的には「家でできる仕事」が在宅ワークになります。

在宅ワークのメリットは、

  • 自分の好きな仕事を選べる。
  • 納期さえ守ることが出来れば、自分の好きな時間に作業できる。
  • もちろん休憩だって好きなタイミングでできる。
  • 出勤の必要がないので、病院などの用事を優先できる。
  • 特にスキルがなくてもできる仕事が多い。
  • 仕事内容によっては単価が良い仕事もある。

などなど、たくさんあります。

 

家で作業ができて通勤の必要がないっていうのは、妊婦さんにとって最大のメリットではないでしょうか。

だって、会社に勤めていると結構気を遣いますよね。

 

体調が悪い日が続くと、休暇を取るのも気を遣うし、ただでさえ病院通いで休みがちになってしまうのに、さらに妊婦教室などのイベントで休むなんて言いにくい…。

そんなことで「妊婦様」とか言われた日には…

HARUKO
HARUKO

こっちだって好きで休んでるわけじゃねーんだよ!!!バッキャロー!

と、やさぐれてしまいますよね。

私もその経験があるので、とっても良くわかるのですが、妊娠していない人たちからするとすごく迷惑がかかっているのではないかと心配になってしまって、ついつい無理してしまうし、ストレスに繋がってしまうんです。

それが、結果的に悪い結果として出てしまう可能性もあります。

そのため、無理せずストレスをなるべくためず仕事をするには、在宅ワークは最もおススメだと言えます!!

そもそも妊娠中に仕事をしておきたい理由

確かに子供にこれからお金がかかるのは分かるけど、あえて妊娠中に仕事をしておかなきゃいけない理由って何だと思いますか?

今は、子育て世代の人たちに手厚い支援金などの制度が充実していますので、数十年前に比べれば子育てにお金がかからないイメージがあるかもしれません。

 

また、出産後お金がかかるとしても産休があけてからフルタイムで働いて、がっつり稼げばいいんじゃない?!って思っている人もいるかもしれません。

とりあえず、出産後に仕事に復帰してバリバリ働く予定の人は、妊娠中にあえて仕事をする必要はにないかもしれませんね。

 

でも、出産後はとりあえず専業主婦をしようと考えている妊婦さんもいれば、家庭の事情で仕事復帰が難しいといった妊婦さんもいると思います。

私も、個人的には産後は仕事復帰したいと思っていたのですが、旦那が自営業をしていてそのお手伝いもあったり、子供だけではなく義理家族の面倒も見ていく必要があったので、仕事復帰は難しかったんです…。

 

そのため、収入は基本的に旦那頼り。

自営業なので、安定しているわけではない。

でも生活はしていかなきゃいけない。

収入が少なかったらどうしよう。

おい、旦那。頑張って働いてくれ。

いーや!私だって旦那に遠慮せず、自分で好きに使えるお金がほしい!!

 

そんな状況だったので、妊娠中でもすこしでもお金が欲しい!と切実に思っていました。

きっとそんな妊婦さんも多いんじゃないかと思います。

 

また、妊娠中に仕事をしてお金を貯めておきたい理由としては、もうひとつあるんです。

それは、産後2~3ヶ月って最低でも何もできない!と思っておいた方が良いんです。

その期間って、生まれた赤ちゃんに付きっきりになって、ほぼ外部との接触はなくなります。

うん。

まさに刑務所暮らしのよう。

 

それは言い過ぎですが、両親など同居している家族がいれば手伝ってもらえるし、話し相手がいるのでいいですが、最近は核家族が多いですからね〜。

日中は、赤ちゃんと2人きり、なんて家族も多いのでは?と思います。

 

そうなると、毎日かなり閉鎖的に暮らさなきゃいけなくて、日常から孤立したような気分になってしまうんですよね〜。

いや、その代わりお金を使うこともほぼなくなるんですけどね。

 

それなのに何でお金が必要になると思いますか?

もちろん、おむつなどの消耗品にお金はかかりますが、しれています。

それは…

それは…

ズバリ…

 

己のストレス発散!!!!

冗談ではありません。

自分が自由に使えるお金があるっていうのは、精神的にも余裕が出ますし、ストレス発散になるんですよ。

 

確かに、産後しばらくは赤ちゃんを連れて外出はしにくいです。

でも、半年もすれば赤ちゃん連れで外に出る機会も増えてくると思います。

例えば、

  • 友達とランチ。
  • 友達とカフェめぐり。
  • イベント参加。
  • 子供の洋服やグッズを購入。
  • 子供のおもちゃを購入。
  • ついでに自分の服も購入。
  • ついでのついでに自分の化粧品も購入。

などなど、いっぱい外出する名目はあると思います。

いつも子供のお世話に追われているから、たまには外へ出てリフレッシュしたい。

 

でも、そんな時お金がなかったり、旦那の少ない給料から捻出しなきゃいけないってゆーのは、かなり苦しいですよね。

子供の洋服も、今じゃとーってもカワイイものがたくさんありますが、お金がなくて安い服を妥協して購入。

また、ランチにいってもなるべく安めの食事にする。いやむしろ、誘われてもお金がなくて断る。

なんて日々が続いて、ストレスが発散できないまま、泣きまくる我が子のお世話を閉鎖的にしているなんて、まじで気が狂ってしまいます。

 

やっぱり、少しでも自分が自由に使えるお金があるのって、安心しますよ。

しかし、その「自分が自由に使えるお金」というのは、基本的には自分が稼いだお金ですよね。

そのお金を貯める仕事がまともにできたり、いろんなことができるのは妊娠中までです。

産後は、まず無理です。

そのためにも、妊娠中にできることはしておきたいんです!!

妊娠中に在宅ワークをして感じたメリット

実際に、私は妊娠中在宅ワークをしていました。

その内容というのが、簡単なアンケートに答えたり、自分の体験談を500文字程度の記事にしたり。

あるいは、会議などを録音したテープを文章にする「テープ起こし」と呼ばれる仕事や、手書きの文章をパソコンで文章入力するお仕事をしたこともあります。

 

もちろん、アンケート系は単価が安いので、1円〜100円くらいの報酬でやることになるのですが、費やす時間が短くて済むので、量をこなすことができるということもあり、コツコツと貯めてましたね〜。

 

これらの在宅ワークの最大のメリットは、やはり時間の拘束がない!ということではないでしょうか?

 

だって、好きな時間に仕事を選んでできるんですよ。

ソファに寝転がって10個ほどアンケートに答えて、1,000円とかになれば妊娠中でも身体に負担なくできそうな気がしませんか?

 

そして、好きなタイミングで休むことも出来るし、作業時間も自分の好きなだけすればいいんです。納期さえ守れれば。

私はそうして地道にお金を貯めていました。

 

もともと、妊娠期間中の約10ヶ月の間に10万は貯めたい!って考えていたので、平均して月1万の収入を目標にしていました。

アンケート系だけでは、ちょっと追いつかないので、たまに高単価の仕事などをすることでなんとか月1万ペースをキープ。

 

結果、出産間際には112,000円貯めることができましたっ!!

この10万って、あるのとないのとではまったく精神的に違うんですよ。

もちろん、産後も少し時間ができればアンケートくらいならちょこちょこっとできるかもしれませんので、地道に稼ぐことができます。

 

私が実際に、妊娠中に在宅ワークをしていて感じたメリットは以下の通りです。

  • 隙間時間にできる。
  • 好きな時間を作業時間にできる。(例えば夜や早朝など)
  • 自分で仕事内容を選べる。
  • 体調が悪いときは作業する必要はなし。
  • 簡単な作業であればスマホでもできるので、自宅でも出先でも風呂場でもできる。
  • 自分の予定を優先できる。
  • やった分だけ自分の収入になる。
  • 経験がなくてもできる。

未経験でも出来るような簡単な仕事ですと、やはり単価が安いので数をこなさないとお金が稼ぎにくいというデメリットもありますが、最初に言ったとおり妊娠中に仕事をする場合、最優先したいのは「体調」です。

 

私も、悪阻がひどい時期は寝てばかりいる日もありましたし、仕事ができる状態ではありませんでした。

でも、これが普通の会社だったら気を遣ってお休みをもわらなくてはいけないか、無理して出勤する人も中にはいるかもしれません。

在宅ワークはそれがないんです!!

 

会社の人に気を遣わなくてもいい、更に自分で仕事のタイミングや内容を選べるというのは、妊婦さんにとってかなりのメリットだし、そうなら仕事も出来そう!!と思いませんか?

 

妊娠中は、とにかく無理はできませんが、なるべく出産前に少しでもお金を確保しておきたいですよね。

そんな妊婦さんには、絶対在宅ワークがおすすめなんです!

 

妊娠中でもできる在宅の仕事の探し方

  • 妊娠中にお金を貯めておくといいよ〜!
  • 妊娠中でもできる仕事はちゃんとあるよ〜!
  • 妊娠中にするとしたら在宅ワークがおすすめよ〜ん!

というのを今までお伝えしてきましたが、肝心の在宅ワークの探し方について私が実際やっていたことをお教えします!

 

在宅ワークといっても、中には怪しいやつもあるんですよ!

とりあえず作業する前に、このマニュアルや教材を購入してください。

とか、

提示条件はすっごい良さそうだったのに、いざやってみたら全く仕事内容が異なった。

なんてことも。

 

そのため、安易にインターネットで在宅ワークに手を出すのも危険な場合があります。

そこで私が使っていたのは、「クラウドワークス」というサイトから、在宅ワークを探すことです。

クラウドワークス

 

クラウドワークスって何?って人のために。

クラウドワークスというのは、要は仕事を依頼したい人と、仕事をしたい人の仲介役になってくれるサイトのことです。

同じようなサイトで、他にもランサーズとかココナラとか、いろんなお仕事紹介サイトってあるんですが、個人的にはクラウドワークスが1番おすすめ。

では、なぜ私がクラウドワークスをオススメするのか理由を見ていきます!

妊娠中の仕事でクラウドワークスがおすすめな理由1:件数が多い

クラウドワークスは、登録者数が国内最大となっていて、その分取り扱っている案件数も圧倒的に多いです。

もし、自分に何かスキル(例えばWEBデザインやHP作成、プログラミングなど)があれば、ココナラとかランサーズでも十分単価の高い仕事ができると思いますが、自分にはなーーんにもスキルがないなぁ…私でも何かできるかなぁ…なんて悩んでいる人には、クラウドワークスをおすすめします。

クラウドワークスには、データ入力だけでなく、タスク案件といって、簡単なアンケートや体験談を書いたりして報酬を得られる案件がかなり多いんです。

タスク案件は、簡単に取り書かれる分、報酬は少なめですが、数をこなせばある程度の収入は可能ですし、なによりもスキルがなくてもできる!というのはいいですよね。

 

私も自分に高スキルがないので、いつもタスク案件ばかりです。

ちょっと空いた時間にできるアンケートや、簡単に作業できる体験談を記事にする仕事などをやっています。

体験談を書くというのは、下調べがいらず、簡単に文章にすることができるので、オススメですね!

クラウドワークス

妊娠中の仕事でクラウドワークスがおすすめな理由2:未経験でもできる案件が多い

先程も書いたとおり、何のスキルがなくてもパソコンかスマホがあればできる仕事があるっていうのは魅力的ですよね。

もちろん、データ入力作業とかになるとパソコンじゃないとキツイですが、タスク案件と呼ばれるアンケートや短い記事を書く仕事であれば、スマホでもできちゃいます。

私も、空いた時間にちょこちょこっとやるときは、ほぼスマホです。

 

そしてこの、タスク案件と呼ばれる仕事がクラウドワークスは圧倒的に多いです!!

なので、手っ取り早く取り掛かることができる仕事が多いのも、おすすめポイントのひとつです!


妊娠中の仕事でクラウドワークスがおすすめな理由3:登録手数料などが無料

クラウドワークスは、始めるときに登録手数料などは一切かからず、無料で始められます。

なので、仕事をしていない期間が長くなろうが、利用料などを取られる心配もいりません。

 

唯一かかる手数料は、「システム利用料」と、「振込手数料」になります。

また、希望者のみになりますが「クイック出金」というサービスを利用すると、別途手数料が発生します。

システム利用料とは?

システム利用料というのは、仕事をしたらその報酬額の○%をクラウドワークスに支払うという手数料。

いわぱ中間手数料みたいなもんですね。

以下の通り、報酬額でパーセンテージが変わってきます。

20万円超の部分 10万円超20万円以下の部分 10万円以下の部分 タスク形式の場合
報酬額の5% 報酬額の10% 報酬額の20% 報酬額の20%

 

報酬額からシステム利用料を支払わなければなりませんが、実際は仕事をしたらその報酬額からシステム利用料を差し引かれて入金されるので、別途支払い手続きなどをとる必要はありません。

例えば、私が実際おこなったタスク案件の報酬金額一覧はご覧のとおりです。

 

一番左の実出金額欄を見てもらえばわかると思いますが、()内に記載されているのが、仕事に対して提示された金額で、その上に書かれているのが、システム利用料を差し引かれた実際に振り込まれる金額になります。

 

振込手数料とは?

仕事を実際行って、お金が支払われるときには、振込手数料というのがかかってきます。

通常500円の振込手数料がかかるのですが、楽天銀行に振り込むようにしてもらうと、その手数料がなんと100円に!!!

 

楽天銀行にすでに口座がある人は良いですが、もしまだ楽天銀行に口座を開設していない人は、絶対作った方がお得です!!!

楽天銀行の口座開設は、すべてパソコンかスマホで手続きできますので、窓口へ出向く必要がない分楽ちんですよ~。

 

クイック出金

クラウドワークスは、通常 報酬確定後15日と月末の2回締め日があり、それぞれ当月末と翌月15日に指定の口座に振り込まれるシステムになっています。

でも、その締め日を待てずに、今すぐお金が欲しい~!!というときに使える「出金申請」というものがあります。

それを、クイック出金というのですが、報酬振込日が確定していない報酬を3営業日以内に出金することができるサービスです。

これを利用すると、出金額の3.5%が手数料として差し引かれます。

お金がすぐにもらえる良いシステムですが、手数料として差し引かれてしまうのももったいない気がしますので、できることなら振込日を待ちたいですね!

クラウドワークス

妊娠中にクラウドワークスで仕事をする上での3つの注意点

クラウドワークスは妊娠中でもできる在宅ワークの仕事がたくさんあるから、おすすめですよ~!といった話をしてきましたが、本当にメリットだけでしょうか?

始めるにあたって注意しておく点をいくつか挙げたいと思います。

実際に、私がクラウドワークスで仕事をして感じたことや、気をつけていることをまとめてみました!

クラウドワークスで仕事をする場合の注意点1:個人情報

仕事の内容によっては、電話やLINEやスカイプ、チャットワークなどで直接連絡を取り合いたいという人もいます。

クラウドワークスは、基本的にはクライアント(仕事を発注する人)と、契約が締結するまでは直接連絡を取り合うことを禁止しています。

この契約というのは、クライアントが「こんなお仕事をしてください~。」と募集をかけて、自分が「やりまーす!」と申請し、「じゃあアナタやってくださ~い」と承認されると、クライアントは事前に報酬金額を仮払いしなくてはなりません。

これが契約の締結になるのです。

例えば、タスク形式の案件だと、クライアントは仕事を募集する段階で仮払いしていますので、自分が仕事をして納品した時点で契約締結になります。

 

基本的には、仮払いさえ完了していれば、直接連絡とっても問題ないとされていますが、安易に個人的な連絡先を教えるのは控えましょう!

もちろん、作業内容によっては直接連絡をとる必要のあるものもあるんですが、それは同じクライアントと仕事をして信頼関係が出来てからのほうが安心だと思います。

直接連絡をとらなくてもできる仕事というのはたくさんあります。

むしろ、そっちの方が多いですので、最初のうちは直接連絡を取らなくてもできる仕事を選択することをお勧めします!!

 

クラウドワークスで仕事をする場合の注意点2:案件や依頼主さんを見極める

これが意外と難しいのですが、作業しているうちに怪しい案件というのはだんだんわかってきます。(笑)

あまりにも高額すぎたり、あまりにも仕事内容に説明がなかったり、先ほどあげたように直接連絡をしたがるクライアントさんだったりすると、ちょっと怪しいかもしれませんね。

また、クライアントさんの情報を見ることが出来ますので、☆マークがいくつついているか、コメントに悪いことは書かれていないかを確認するのも、見極めるポイントです。

 

そして、クライアントや案件を見極めるのは、ある程度作業しないと難しいかもしれませんが、私が実際に行っていた見極め方法をお教えします!

それは、クライアントさんに質問をしてみること。

え?直接連絡取るのって禁止じゃないの?

 

と思いますよね。

ふふふ。クラウドワークスでは、クラウドワークスのサイト上からメッセージを送ることが出来るシステムがあるんです。

その方法でクライアントにメッセージを送れば、自分のニックネームしか分かりませんので安心です。

まず、仕事を始める前に「この仕事ちょっと心配だな…」と不安が少しでもある場合、その仕事に対しての質問をクライアントさんにしてみてください。

 

例えば、

  • 納品形式はエクセルとワード、どちらが良いですか?
  • 体験談の記事とありますが、●●のような体験でもokですか?
  • 文字数についてですが、100文字以上とありますがそれ以上であれば無制限ですか?

など、提示されている仕事内容に記載されていることに対しての質問をしてみてください。

優良なクライアントさんであれば、お返事は丁寧ですしレスポンスも早いです。

 

私も、経験があるのですが、やっぱり怪しい案件のクライアントさんは返事がないまま、その案件はクローズされていたり(汗)。

ひどいときだと、クラウドワークスさんから削除されているのもありました。

 

なので、まだ最初のころに見極めが難しいようであれば、仕事を開始する前にクライアントさんに質問をしてみて、対応によって安心度を測るというのもひとつの手ですよ!!

クラウドワークスで仕事をする場合の注意点3:約束を守る

仕事をする上で、当然といえば当然なのですが、クラウドワークスのメリットでもありデメリットでもある「相手の顔が見えない」ということで、約束を守らないユーザーも結構います。

仕事をしたあと、納品し報酬が確定すると、相手を評価するシステムがあります。

そのため、自分も約束を守らないと低評価をつけられてしまう可能性があります。

 

特に、納期を守ることは大切になりますが、何らかの事情で納品が遅れそうな場合は、きちんと早めに連絡をしたり、作業内容で分からないことがあればそのまま適当に提出するのではなく、作業途中でクライアントさんに質問したりしてください。

妊婦さんでもできる仕事について まとめ

妊娠中でも、家でパソコンやスマホで仕事ができるというのはなかなか良くないですか?

HARUKO
HARUKO

私も、一人目の妊娠のときに手書きアンケートをエクセルにおこす仕事をして2万円稼いだりしてたな~…。

しかも、タスク案件のようなアンケートや短い記事書きの仕事なんかはスマホでもできますので、最悪、寝転がっていてもできちゃう仕事です。

もちろん単価が安いのですが、これって本当にちりも積もれば…で、数をこなしていけば結構いい金額になりますよ。

 

出産後にお金の面で余裕を出すためにも、今のうちに頑張って貯めてみませんか?



妊娠中でもできる仕事を探している妊婦さんへ

産休を取得して、復帰後バリバリ働くぞーっ!っていう妊婦さんは必要ないかもしれませんが、産後は仕事をするつもりのない妊婦さんにとっては、「働くなら今しかない!」と思いますよね。

妊娠中にできる仕事は限られてきますが、こんな条件の仕事があれば理想じゃないですか?

  • 自分の好きな時間に作業できる。
  • 体調が悪いときは仕事をしなくてもいい。
  • 自分のペースで仕事ができる。
  • 通院など自分の予定を優先できる。
  • 作業内容を選べる。
  • 寝転がっていても出来るような軽作業もある。

こんな妊婦さんにとって好条件の仕事なんてあるわけない!って思いますか?

実は、この条件を満たす仕事というのが「在宅ワーク」なんです。

妊婦さんが在宅ワークをするメリットや、在宅ワークの探し方や作業するときの注意点など、詳しく知りたい人はコチラ⇓

妊娠中の仕事
ハルコをフォローする
ハルコの妊娠手帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました