妊婦はピーナッツを食べ過ぎるとアレルギーの赤ちゃんが生まれる?!

妊娠中にお腹の中の赤ちゃんのリスクを減らすためには、「葉酸」という栄養が必要なのをご存知ですか?

葉酸を正しい時期に、効率よく摂取することで、赤ちゃんにとってもママにとってもメリットが多いんですよ!

葉酸の詳しい情報はコチラ

妊娠中はピーナッツ類は、極力食べない方が良いということを耳にしたことはありませんか?

ピーナッツは、卵・小麦・乳製品などと同様に強いアレルギー反応がでやすい特徴があります。

そのため、妊娠中に食べ過ぎると赤ちゃんにピーナッツアレルギーの反応が出る可能性があると言われるのですが、果たして本当なのでしょうか?

妊婦ピーナッツを食べるリスクについて、詳しく調べてみましたよ!

スポンサーリンク

妊婦はピーナッツを食べてはいけない?

基本的に、妊娠中にピーナッツを食べてはいけないということはありません。

ピーナッツを食べたからといって、赤ちゃんに直接影響がでるとは考えにくいからです。

またカフェインのように、ピーナッツが原因で、母体にも何らかの影響が及ぶとも考えにくいです。

 

むしろ、ピーナッツにはたんぱく質やカルシウムなども含まれていて、栄養価の高い食べ物なんですよ。

 

では、なぜ昔は妊娠中にピーナッツを食べるとアレルギー持ちの赤ちゃんが生まれてくるから食べない方が良いと言われていたのでしょうか?

実は、2000年の米国小児学会より、妊娠中にピーナッツをよく食べたママと、食べていなかったママを比較すると、よく食べていたママから生まれた赤ちゃんの方が、アレルギー反応が出る確率が高かったという報告があったからです。

これを受けて、妊娠中の女性と3歳以下の子供には、ピーナッツ類の摂取を控えるよう注意換気されていました。

このことがあったから、妊娠中はピーナッツを控えるように言われてたんですね~。

しかし、この報告、科学的根拠があるか疑わしいという理由で、2008年に撤回されているんです!!

 

アレルギーに関しては様々な研究が行われていますが、厚生労働科学研究班による「食物アレルギーの診療の手引き」によると、以下のような記載があります。

「食物アレルギー発症予防のために妊娠中と授乳中の母親の食物除去を行うことを推奨しない。食物除去は母親と児に対して有害な栄養障害を来す恐れがある」

引用:食物アレルギー研究会ホームページ

 

要は、アレルギーになるかもしれないという理由で、ピーナッツを食べないというのはあまり意味がないということでもあります。

むしろ、乳幼児期の早い段階でピーナッツを摂取することで、ピーナッツアレルギーの発症リスクを軽減できるという報告もあるため、ピーナッツアレルギーの多い国では、乳幼児に早めにピーナッツを摂取することが推奨されているそうです。

 

なので、ピーナッツ好きの妊婦さんも、妊娠中はあまり気にせずピーナッツを食べることができそうですね!

 

スポンサーリンク

妊婦がピーナッツを食べるリスクとは?

では、ピーナッツを食べ過ぎることで起こりうるリスクというのもあるのでしょうか?

心配になる点を調べてみました!

妊婦がピーナッツを食べるリスク1:カロリー

ピーナッツは意外と高カロリーです。

ピーナッツ100gあたりのカロリーは、580kcalもあるんです!!

ご飯茶碗一杯が、約300kcalと考えるとかなり高カロリーですよね。

 

ピーナッツ100gって一体どのくらい??

って思いますよね。

ピーナッツ1粒が、大きさによりますがだいたい0.8g~1.9gくらいなので、1粒あたり約1gだとしたら、100g=100粒です。

好きな人なら、食べ始めたら止まらなくなって100粒くらい食べてしまえるかもしれませんが、そうなるとカロリーの摂りすぎになってしまう可能性もあるので、普段の食事とのバランスを考えて食べる必要がありそうです。

 

妊娠中は確かにエネルギーは必要ですが、カロリーを摂りすぎると妊娠高血圧症候群のような恐ろしい病気を引き起こしかねませんので、してくださいね。

妊婦がピーナッツを食べるリスク2:消化不良

ピーナッツは、消化があまり良くありません。

ですので、悪阻で吐いたり、便秘が続いてる妊婦さんは、あまり食べすぎないようにした方が良いかもしれません。

妊娠中の便秘を解消する食べ物について。薬はなるべく飲みたくない妊婦さんへ!
妊娠すると、いろいろなトラブルに悩まされるかと思います。 そのうちの一つに、よくあるのが便秘。 妊娠すると、黄体ホルモンが増えることで便秘になりやすい傾向にあります。 また、妊娠周期が進んてきてお腹が進んてきて大き...

また、吐き悪阻の妊婦さんは、食べ物で吐き気が軽減することもあります。

私が実際つわりのときに試してみて効果があった方法をまとめてみましたので、是非参考にしてみてくださいね!

悪阻の吐き気を軽減させる食べ物5つを紹介!│2児のママの対策方法とは?
悪阻にもいろいろ種類がありますが、その中でも辛いのは吐き悪阻と呼ばれる、吐き気をもよおす悪阻ではないでしょうか。 私も経験があるのですが、お腹が減って胃がムカムカするので、食べるんだけど、食べたことにより更に胃がもたれるという...

 

スポンサーリンク

妊娠中にピーナッツを食べる まとめ

妊娠しているときって、なぜか1つの食べ物がやたら食べたくなったりするんですよね~。

ピーナッツなどのお菓子類って、どうしても食べ過ぎてしまいがちですが、なるべく偏った食べ方をしないように気を付けてくださいね~!!

妊婦さんの葉酸不足で赤ちゃんの先天性異常のリスクが上がる!
神経管閉鎖障害という赤ちゃんの先天性の病気をご存知ですか?
二分脊椎、無脳症などと呼ばれる妊娠初期に発覚する先天性の恐ろしい病気です。もし自分の赤ちゃんがそうだったら・・・と思うと不安で夜も眠れませんよね。

実は、私もつわりが酷くてまともに食事が取れていなかったので、その心配がありました。

お医者さんからは「できれば妊娠初期に1日400㎍の葉酸を元気な赤ちゃんを生むためにもとってほしい」と言われていましたが、ネットで調べるとそれだけの葉酸を取ろうと思えば 1日に「ブロッコリー8房」「ほうれん草6株」など、現実的にはかなり難しい量・・・。

そんなときにお医者さんから提案があったのが“葉酸サプリ”でした。
葉酸サプリをきちんと摂取すれば、そんな赤ちゃんの先天性リスクもググッと下げることができて、しかも母体の体調改善も期待できるとのこと。

実際に、葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害の約70%の予防効果があるというデータも出ているんですよ!

千円ちょっとで生まれてくる赤ちゃんの先天性リスクを少しでも減らせるなら、安いものですよね。

結局いろいろ試した結果、貧血気味な私には鉄分やカルシウムも豊富に入っている「ベルタ葉酸サプリ」が合っていました。

「栄養は食事だけでバッチリ摂れている!」という妊婦さんには必要ありませんが、私のようにつわりが酷くて食事がロクに喉を通らない方や、葉酸不足が心配な方は、自分のためにも赤ちゃんのためにも葉酸サプリは必要ですよ。

私が飲んでるのはコレ↓

妊娠中の食べ物について
スポンサーリンク
ハルコをフォローする
ハルコの妊娠手帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました