妊娠中の便秘を解消する食べ物について。薬はなるべく飲みたくない妊婦さんへ!

妊娠中にお腹の中の赤ちゃんのリスクを減らすためには、「葉酸」という栄養が必要なのをご存知ですか?

葉酸を正しい時期に、効率よく摂取することで、赤ちゃんにとってもママにとってもメリットが多いんですよ!

葉酸の詳しい情報はコチラ

妊娠すると、いろいろなトラブルに悩まされるかと思います。

そのうちの一つに、よくあるのが便秘

妊娠すると、黄体ホルモンが増えることで便秘になりやすい傾向にあります。

また、妊娠周期が進んてきてお腹が進んてきて大きくなってくると、いきむのが怖くなり更に便秘気味になってしまう妊婦さんも多いはず。

 

妊娠する前だったら、下剤でも飲めばすぐに解消された便秘も、妊娠してしまったらなるべく薬を飲むのは避けたいですよね。

そこで、食べ物で妊娠中の便秘を解消できそうなものをまとめてみました。

薬を飲まずに便秘を解消したい妊婦さんは、必見ですよ〜!

スポンサーリンク

妊娠中になぜ便秘になってしまうの?

妊娠初期から多くの妊婦さんが悩まされるのが、便秘

どうして妊娠すると便秘になってしまうのかというと、1番考えられる原因は黄体ホルモンの増加です。

妊娠すると黄体ホルモンが増加するのですが、そのせいでつわりが起こったり、便秘になってしまったりします。

 

妊娠後期になると、お腹が大きくなるためいきむのが怖く、それが更に便秘を悪化させる原因になってしまうということもあります。

また、お腹が大きくなってくると大腸を圧迫するようになり、それも便秘になってしまう原因でもあります。

 

便秘になる原因は様々ですが、元々便秘症の人は、妊娠をきっかけに更に便秘の症状がひどくなってしまうということも。

便秘がひどいと、気分が悪くなってしまったり、お腹が痛くなってしまったり、妊娠中のトラブルとしてはなるべく避けたい症状ですよね。

 

でも、妊娠をしていると安易に市販の薬などを飲むことはできません。

できる事であれば、薬を飲むことなく便秘の症状が楽になればいいですよね!

 

そこで、便秘に効果が期待できる食べ物や料理についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中に便秘を解消できる食べ物について

まず、便秘の症状を改善しようと思ったら、腸の環境を良くする必要があります。

便秘改善の効果が期待できる食べ物は以下のとおりです。

 

食物繊維

食物繊維は、腸で吸収されないため、そのまま便になるんです。

 

食物繊維には2種類あって、『水溶性食物繊維』と『不溶性食物繊維』があります。

食物繊維の種類 効果 食べ物の例
水溶性食物繊維 水に溶ける性質なため、便を柔らかくする 果物(バナナ・りんご等)、海藻(わかめ・ひじき等)
不溶性食物繊維 水分を吸収し手膨らむことで、便を押し出す 根菜(ごぼう・レンコン等)、イモ類(ジャガイモ・さつまいも等)、きのこ類

この、2つの効果をうまく利用すれば、便の排出を促せますので、食物繊維はなるべく多めに食べるように心がけたいですよね!

 

乳酸菌

乳酸菌は、善玉菌を増やし、腸内の環境を良くする働きがあります。

便秘になるひとは、腸の働きが悪くなっている可能性があるので、乳酸菌が含まれている食材も積極的に取りたいですね。

乳酸菌が含まれる食材は、ヨーグルトやチーズ、味噌、納豆などの発酵食品に多いんです。

ただし、ナチュラルチーズなどは妊婦さんが食べるとリステリア菌に感染してしまう場合があるので、加熱処理されているプロセスチーズなどを食べるようにしてください!

 

妊婦が食べ物でダメと言われるものを食べてしまった!どうすればいい?
妊娠中のママさんが食べてはいけない、または食べない方がいいとされている食べ物っていくつかありますよね。 妊娠した人なら、気になって色々と調べたり、病院で先生から指導がある方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、...

 

便秘になりやすい食べ物は?

逆に便秘になってしまう食べものとしては、『肉類』が挙げられます。

肉類は、妊婦さんにとって大切な栄養素が含まれている食材なので、全く取らないというのは問題ですが、便秘の症状がひどい人は、少し控えるようにしたほうが良いかもしれませんね。

 

また、水分不足も便秘になってしまう大きな要因でもあります。

積極的に水分は補給するようにしましょう!!

スポンサーリンク

まとめ

妊娠中は安易に薬が飲めなくて苦しむ女性も多いかもしれません。

便秘になることで、気分が悪くなり、つわりの症状がある人なんかは、更に体調が悪くなってしまうこともあると思います。

妊娠中につわりで食べ物がだめになっても、美味しく食事が楽しめる方法とは?
妊娠が発覚して間もなくおとずれるのが悪阻(つわり)です。 多くは妊娠12週くらいでおさまってくる人が多いようですが、個人差があり出産直前までつわりのような症状が続いたという人もいます。 このつわり、船酔いしたよう...

 

日頃の食生活でなんとか便秘を改善できればベストだと思いますので、是非試してみてくださいね。

妊婦さんの葉酸不足で赤ちゃんの先天性異常のリスクが上がる!
神経管閉鎖障害という赤ちゃんの先天性の病気をご存知ですか?
二分脊椎、無脳症などと呼ばれる妊娠初期に発覚する先天性の恐ろしい病気です。もし自分の赤ちゃんがそうだったら・・・と思うと不安で夜も眠れませんよね。

実は、私もつわりが酷くてまともに食事が取れていなかったので、その心配がありました。

お医者さんからは「できれば妊娠初期に1日400㎍の葉酸を元気な赤ちゃんを生むためにもとってほしい」と言われていましたが、ネットで調べるとそれだけの葉酸を取ろうと思えば 1日に「ブロッコリー8房」「ほうれん草6株」など、現実的にはかなり難しい量・・・。

そんなときにお医者さんから提案があったのが“葉酸サプリ”でした。
葉酸サプリをきちんと摂取すれば、そんな赤ちゃんの先天性リスクもググッと下げることができて、しかも母体の体調改善も期待できるとのこと。

実際に、葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害の約70%の予防効果があるというデータも出ているんですよ!

千円ちょっとで生まれてくる赤ちゃんの先天性リスクを少しでも減らせるなら、安いものですよね。

結局いろいろ試した結果、貧血気味な私には鉄分やカルシウムも豊富に入っている「ベルタ葉酸サプリ」が合っていました。

「栄養は食事だけでバッチリ摂れている!」という妊婦さんには必要ありませんが、私のようにつわりが酷くて食事がロクに喉を通らない方や、葉酸不足が心配な方は、自分のためにも赤ちゃんのためにも葉酸サプリは必要ですよ。

私が飲んでるのはコレ↓

妊娠中の食べ物について
スポンサーリンク
ハルコをフォローする
ハルコの妊娠手帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました