1歳の息子の片足だけ内股。歩き方がふらふらでよく転ぶ。

妊娠中にお腹の中の赤ちゃんのリスクを減らすためには、「葉酸」という栄養が必要なのをご存知ですか?

葉酸を正しい時期に、効率よく摂取することで、赤ちゃんにとってもママにとってもメリットが多いんですよ!

葉酸の詳しい情報はコチラ

1歳4ヶ月にしてやっと歩き始めた我が子。

男の子は遅めだというけど、うちの子供はわりとスローな方で、首が据わるのもハイハイしだしたのも、同じ月齢の子より遅めでした。(^_^;)

 

それでも、日々確実に成長していたので、特別心配していなかったのですが、ここ最近息子の片足だけ内股になっていることに気がつきました。

最初は、歩き始めたばかりだからフラフラだし、もつれてすぐ転ぶのも当然だと思っていたのですが、よく見ると片足だけ曲がっているようにも見える…。

 

ちょっと心配だったので、整形外科へいって相談してくることに。

スポンサーリンク

1歳の子供の片足だけ内股

子供の足が、歩くときだけ片足だけ内股なのですが、具体的にはこんな感じ。

左足だけ内股なんです。

 

これは、歩き始めた当初からこんな感じでした。

「歩き始めたばかりだから、そのうち治るでしょ~」

なんて呑気なことを思っていたけど、歩き始めてから1ヶ月が経過しても、何も変わらず。

 

ちなみに右足は真っ直ぐに踏みしめることができています。

赤ちゃんの足はO脚だと言いますが、この子の場合、足首から下が内股になっているように見えるのでO脚が原因とも考えにくい…。

スポンサーリンク

1歳の子供の歩き方がふらふらでよく転ぶ

結局、だんだん駆け足になるようになったけど、左足でしっかり踏みしめてないから、ヨタヨタと真っ直ぐ歩けない状態が続いていました。

すぐに転んで膝をぶつけるので、膝はアザができていました。

幸い、頭をぶつけることは少なかったのですが、目的地までたどり着くのに、転びそうな歩き方をずっとするので見ている方がハラハラしていました。

やっぱり、あまりにも転ぶと可哀想ですし、散歩の途中でコンクリートの上で転ぶことも増えてきたので、心配になり病院に行ってみることにしました。

スポンサーリンク

片足だけ内股になっていることに対する医者の診断結果

整形外科を受診して、現在の状況を伝えると、股関節の歪みがないか、膝を曲げてM字に開いたときに、足のラインが曲がっていないか見てもらいました。

すると、やはり若干左足は曲がっているように見えるとのこと。

 

実際、歩く姿を見てもらい、片足だけ内股になっていることを確認してもらいました。

お医者さんの診察結果はこうでした。

 

お母さんのお腹の中にいるときの体勢が、足が曲がった状態だったということも考えられます。

特に、出産のときに異常がなかったとのことですし、成長と共に改善していく程度のゆがみだと思います。

気になることがあればいつでも受診してもらってかまわないですが、現段階では特別治療の必要はなさそうですよ。

ただ、2歳や3歳になってもこの状態であれば、一度受診してください。

とのこと。

私のお腹は狭かったのだろうか。笑

 

とりあえず、お医者さんの見解では、特別問題ないとのことで一安心です。

 

1歳未満で歩き始めるような、成長の早い子によくあることみたいですが、うちの子のように成長がマイペースな子でも起こりうるみたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

本当は1ヶ月半検診があるので、そのときに確認しようと思っていたのですが、あまりに頻繁に転ぶし、私以外の家族も心配していたので、受診してみることにしました。

結果的に安心できたので、受診してよかったのです。

子供の病院の受診基準って、いつも迷います。

本当難しい。

だけど、やはり心配なことは早めに相談しておくのがベストなのかな、と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました